阿部サダヲNHK大河ドラマおんな城主直虎に家康役で出演!

2017年に放送されるNHKの大河ドラマ「おんな城主直虎」に阿部サダヲさんが出演することが決まりました。

阿部サダヲさんは徳川家康を演じます。

今回は、大河ドラマに出演が決まった阿部サダヲさんについて紹介したいと思います。

広告

おんな城主直虎のあらすじ

戦国時代に男性の名前で家督を継いだ「おんな城主」がいました。

その名も井伊直虎(いいなおとら)。

織田信長や徳川家康、武田信玄、今川氏真(うじまさ)たち豪傑が顔をそろえていた時代です。

直虎は遠江(とおとうみ、現在の静岡県西部)の井伊家第22代当主直盛(なおもり)の一人娘であり、第23代当主直親(なおちか)のかつての許嫁(いいなずけ)でありました。

戦のたびに当主を失っていった井伊家の危機に直虎が立ち上がりました。

永禄8年(1565年)のことです。

しかし戦国の世に女が城主など務まるわけがないと、家臣たちからすら冷ややかな対応をされます。

そんな家臣たちの態度に直虎は負けん気を発揮します。

仕えている今川氏真に女城主を認めさせ、領内で実力を発揮して、家臣たちの気持ちを一つにまとめ上げていきます。

資源も武力も乏しいこの土地で、頼るべきは己の知恵と勇気。

直虎は仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守ってたくましく生き延びます。

直虎の原動力となったのは、幼いころに約束を交わした許婚への一途な愛でした。

愛を貫いて自ら運命を切り開き、戦国を生き抜いた女の激動の生涯を描きます。

阿部サダヲのプロフィール

本名は阿部隆史(あべたかし)。

芸名の阿部サダヲは、実際にあった「阿部定事件」からとったそうです。

阿部定事件(あべさだじけん)は、仲居であった阿部定が1936年(昭和1年)5月18日に東京市荒川区尾久の待合で、性交中に愛人の男性を扼殺し、局部を切り取った事件。
事件の猟奇性ゆえに、事件発覚後及び阿部定逮捕(同年5月20日)後に号外が出されるなど、当時の庶民の興味を強く惹いた事件である。

1970年4月23日生まれで千葉県松戸市の出身です。

阿部サダヲさんは現在46歳ですか。

男性にこんなこと言うと失礼ですが、ほんと童顔なんですね。

身長は164cm

家康の正室役の菜々緒さんが172cmなので、ドラマではその身長差も楽しめますね。

舞台、テレビドラマ、映画、CMと、優れた演技力と独特の存在感で幅広く活躍されています。

所属は「劇団大人計画」です。

阿部サダヲさんは結婚していますが、奥さんは一般の方のようで、情報はほとんどありません。

断片的に聞こえてくる情報を集めるとけっこう個性的な奥さんのようで、個性的な阿部サダヲさんとお似合いではないでしょうか。

男の子と女の子のお子さんがいるとのことです。

阿部サダヲさんは「グループ魂(たましい)」というバンドをやっています。

1995年に、所属する「劇団大人計画」の俳優たちと結成しました。

阿部サダヲさんがボーカルで名前は「破壊」。

これまた何とも個性的な名前を付けていますね。

おんな城主直虎の出演者(一部)

阿部サダヲ…徳川家康

柴崎コウ…井伊直虎(井伊直盛の一人娘)

菜々緒…築山殿(徳川家康の正室)

杉本哲太…井伊直盛(なおもり、直虎の父)

財前直見…千賀(ちか、直虎の母)

前田吟…井伊直平(なおひら、直虎の曽祖父)

三浦春馬…井伊直親(なおちか、直虎の許婚)

おわりに

来年の大河ドラマは「おんな城主直虎」ですか。

「女性が主人公の大河ドラマは当たらない」と聞いたことがありますが、データがあるんですかね。

でもまあ、正直「花燃ゆ」は退屈でした。

でもちゃんと最後まで観ましたよ。

「真田丸」は毎週楽しみに観ています。

「おんな城主直虎」もワクワクするようなドラマだったら良いですね。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

まさきちでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加