羽根田卓也の家族や経歴は?イケメンで筋肉がすごいと評判!

リオ五輪カヌー・スラロームに出場した羽根田卓也選手が銅メダルを獲得しました。

羽根田卓也選手のプロフや家族や経歴が気になりますね。

しかもイケメンで筋肉がすごいと評判です。

今回は、日焼け顔のさわやかイケメンでマッチョで彼女がいない訳がない羽根田卓也選手についてまとめてみました。

広告

羽根田卓也選手の家族や経歴は?

羽根田卓也選手のプロフィール

名前 羽根田卓也(はねだたくや)

生年月日 1987年7月17日

出身地 愛知県豊田氏
身長 175cm

体重 65kg

出身高校 名鉄学園杜若(とじゃく)高校

出身大学 スロバキア・コメニウス体育大学

所属 ミキハウス

好きな食べ物 酢の物

羽根田卓也選手の家族は?

羽根田卓也選手はご両親とお兄さんと弟さんがいます。

お父さんの邦彦さんは豊田市で設計事務所を経営しています。

羽根田卓也選手を資金的にバックアップしています。

お父さんは元カヌー選手で、愛知県カヌー協会の理事長をしています。

お母さんの情報はありませんね。

お兄さんもカヌー選手でしたが、現在はどうでしょうか。

弟さんは農業をしているということですが、それ以上の情報はありません。

羽根田卓也選手 経歴

羽根田卓也選手は7歳から器械体操をやっていました。

お父さんの勧めで9歳のときにカヌー・スラロームを始めています

中学・高校は、国内で敵なしでした。

名鉄学園杜若高校はカヌーの強豪校として知られ、男女とも高総体、国体、文部科学大臣杯などで優勝の常連校です。

高校卒業後は、単身でカヌーの強豪国、スロバキアに渡りました。

スロバキアの首都ブラチスラバにあるカヌーのクラブチームで10年間、カヌーの腕を磨いてきました。

2008年の北京五輪14位でした。

2012年のロンドン五輪では日本人初の7位

そして2016年、リオデジャネイロ五輪のカヌー・スラローム男子カナディアン・シングルで、見事、銅メダルを獲得しました。

この競技の銅メダルは日本人初であり、アジア人初の快挙です。

日本カヌー界の悲願でもありました。

コーチであるクバンミランさんと二人三脚で努力してきた功績ですね。

もちろん次の目標は、2020年東京五輪の金メダルでしょう。

イケメンで筋肉がすごいと評判!

羽根田卓也選手

リオ五輪で銅メダルを取った後、テレビで羽根田卓也選手がクローズアップされましたが、これがまあ穏やかな雰囲気の日焼けしたイケメンでしたね。

身長は175cmとのことですが、体のバランスが良いのか、もっとスタイル良く見えます。

日本女性にはもちろん、ご覧の通りムキムキの筋肉ですので、スロバキア女性にもモテるのではないでしょうか。

しかし羽根田卓也選手は独身で彼女の情報もありません

帰国したらマスコミが押し寄せると思いますが、独身なので「文春」や「新潮」もそんなに恐くありませんね。

羽根田卓也選手のまとめ

ご両親と3人兄弟の5人家族。

3人兄弟の次男。

お父さんとお兄さんがカヌー選手だった。

9歳のときにカヌーを始めた。

国内で無双状態だったので、高校卒業後スロバキアへ渡る。

2008年北京五輪14位。

2012年ロンドン五輪7位。

2016年リオデジャネイロ五輪銅メダル。

カヌー競技のメダルは日本人初でありアジア人初。

日焼けしたマッチョイケメンで人気急上昇中。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

まさきちでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加