長谷川京子主演ふれなばおちんの意味は?体の関係はある?

2016年6月28日(火)からNHK BSプレミアムで「ふれなばおちん」がスタートします。

主演は長谷川京子さんで、家族への愛情と年下男性への恋心の狭間で苦悩する主婦役を演じます。

原作は、漫画家小田ゆうあさんの漫画「ふれなばおちん」です。

日常生活の中で潤いやときめきを忘れた主婦達が恋に落ちていく、危うくも切ない心情をリアルに描いている作品です。

広告

「ふれなばおちん」の意味

男性が誘えばすぐに応じそうな雰囲気の女性の様子をいいます。

「触れなば落ちん」と書きます。

僕が男性だからだと思いますが、意味を書いていて何だかドキドキしました。

きっとドラマもドキドキするシーンが多いんでしょうね。

あらすじとネタバレ

家族をとても大事に思っている主婦の上条夏(長谷川京子)は、社の義行(鶴見辰吾)と子供二人(優美香、真樹夫)と、社宅で仲良く暮らしています。

家族のために家事に一生懸命という姿は、主婦としてはすばらしいのですが、格好にまったく無頓着で女性としてはどうかという感じで、家族から少々あきれられています。

そんな夏にもう少し女性らしくなってもらうため、義行はある計画を企てます。

それは義行の部下のイケメン男性に夏を誘惑させることでした。

劇団員をしながら義行の会社で派遣社員として働く佐伯龍(成田凌)が、全力で夏を誘惑します。

義行の思惑通りに惹かれ合っていく二人ですが、それに伴なってどんどんきれいになっていく夏を見て、義行はだんだん不安になっていきます。

しかし最後まで二人の間に体の関係はありません。

夏は龍のことは好きですが、家族のことがもっと大事だったのです。

結局、その後二人は分かれて普通の生活に戻ります。

龍は沖縄に行って本格的に劇団の仕事を始めますが、事故に遭って亡くなります。

もちろん夏はそのことを知らないまま、家族4人で幸せな生活を送っています。

原作はレディース誌の漫画

「ふれなばおちん」は「月刊オフィスYOU」で連載されていた不倫をテーマとした恋愛漫画(全11巻)です。

不倫がテーマですが、ドロドロした不倫ドラマではありません。

小田ゆうあさんが原作者です。

人気ドラマだった「斉藤さん」の原作も描かれています。

ふれなばおちん原作漫画

しかし「昼顔~平日午後3時の恋人たち」や「コントレール罪と恋」「不機嫌な果実」、そして「せいせいするほど、愛してる」など、「禁断の愛」とやらをテーマにしたドラマが増えましたね。

古今東西、多くの人に興味があるテーマなんでしょうね。

「ふれなばおちん」の主要キャスト

上条夏(長谷川京子)

家族を大事に思うアラフォー主婦。年下のイケメンによろめく。

ふれなばおちんドラマ

上条義行(鶴見辰吾)

夏の夫。女性らしさを失った妻にイケメンの部下をけしかける。

鶴見辰吾

佐伯龍(成田凌)

義行の部下でイケメンの劇団員。義行に頼まれ夏を誘惑する。

成田凌

小牧莉絵(戸田菜穂)

夏のママ友。不倫して家族を捨ててエンジョイしている。

戸田菜穂

若林みどり(古畑星夏)

佐伯龍が好きな女性。佐伯龍に好き好き光線を出しまくる。

古畑星夏

おわりに

ハセキョーこと長谷川京子さんと言えば、20代の頃から雑誌モデル、女優として活躍され、今なおその美しさと魅力が輝いていますよね。

近年は演技力にも磨きがかかり、今後ますます注目される女優さんになっていかれると思います。

「ふれなばおちん」では、最初はだらしない格好の夏がだんだんきれいになっていくそうなので、その過程を楽しみにしながら観たいと思っています。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

まさきちでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加