松岡茉優のプロフや経歴は?漫画ワンピースとカカシ先生好き

映画「ちはやふる-下の句-」で左利きのカルタクイーン、若宮詩暢を演じた松岡茉優さんのプロフィールや経歴が気になりますね。

漫画が好きで、特に「ワンピース」と「ナルト」のカカシ先生が好きだという松岡茉優さん。

今回は、映画の役作りのために百首歌(ひゃくしゅうた)を丸暗記したという松岡茉優さんについてまとめてみました。

広告

松岡茉優さんのプロフィール

本名 松岡茉優(まつおかまゆ)

生年月日 1995年2月16日

出身地 東京都

身長 160cm

3サイズ 80・58・85cm

足のサイズ 24.5cm

血液型 B型

特技 一輪車

趣味 散歩、ピアノ

所属事務所 ヒラタオフィス

松岡茉優さんの経歴

2008年、おはガールとして「おはスタ」に出演してデビューしました。

2013年、「あまちゃん」で埼玉県出身のキャラクター、入間しおり役を演じています。

同年末の「第64回紅白歌合戦」に、「あまちゃん」の劇中アイドルグループ「GMT47」のメンバーとして出演しました。

2015年2月、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」で、「第2回 ニューウェーブアワード」の女優部門を受賞しました。

2015年4月、連続ドラマ「She」で初主演しています。

2015年10月、「コウノドリ」ではヒロインを務めました。

2016年、「真田丸」に、真田信繁(堺雅人)の正室、春(竹林院)役で出演予定です。

映画でも「リトル・フォレスト」「サムライフ」「ストレイヤーズ・クロニクル」「ちはやふる」などなど、数多くの作品で活躍されています。

松岡茉優さんが芸能界に入ったきっかけは、2004年に妹の松岡日菜さんがスカウトされて、母親と日菜さんとその面接に同行したとき、面接担当の人に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われたことだそうです。

松岡茉優さんは、「妹のついでに事務所に入れてもらいました。妹には頭が上がりません(笑)」と語っています。

その妹の松岡日菜さんですが、現在は芸能界を引退されていると「さんまのまんま」で松岡茉優さんが示唆されました。

チョッパーのセリフに感動

松岡茉優さんは子供の頃から漫画に夢中で、特に少年漫画が好きだそうです。

小学生の頃に読んだ「ワンピース」の空島編のチョッパー対ゲダツ戦で、チョッパーがやられながらも「こいつに勝とう!」と覚悟を決めるシーンが好きで、今でも読み返すと松岡茉優さんを奮い立たせてくれるそうです。

チョッパー対ゲダツ

懐古厨ではありませんが、昔の「ワンピース」には、「どうやってこいつに勝つのさ…」という強大すぎる敵に対しての絶望感みたいなものがありましたよね。

その絶望感をぶち破って勝利するあの爽快感が「ワンピース」の魅力だったように思います。

毎週ハラハラドキドキしながら読んでいましたが、「ワンピース」は単行本で一気読みした方がストレスが少ないことに気がついて、それからは単行本で読んでいます。

「ナルト」のカカシ先生が大好き

二次元のキャラクターで一番好きなのが「ナルト」のカカシ先生で、ナルト達を見守る包容力がたまらないとのことです。

14歳の頃、「ナルト」の単行本46巻辺りでカカシ先生が死んだような表現があって、あまりの衝撃に授業もまともに受けられないくらい、本当に何も手につかなくなったそうです。

その後、ジャンプを連載で読んでいる友達からカカシ先生はまだ生きていると聞いて、やっと心が穏やかになったそうです。

どうやら松岡茉優さんは包容力のある男性がお好きのようですね。

どうでもいいことですが、僕はガイ先生が好きです。

カカシ&ガイ

少年漫画原作の作品に出演したい

松岡茉優さんは、困難に立ち向かって成長する姿を描くことが多い少年漫画に魅力を感じるそうです。

主役級のキャラクターが横並びで画面の向こうからこっちに向かって歩いてくる構図を見ると、「さあ、やってやるぞ!」って意志と団結力を感じて、気分が燃えるそうです。

いつか少年漫画原作の作品に出演して、共演者の人達と横並びで歩くのが夢という松岡茉優さんでした。

松岡茉優さんのまとめ

2016年6月17日(金)から始まるNHKのドラマ「水族館ガール」でも主演を務める松岡茉優さんですが、「あまちゃん」の脇役から一気にスターダムに駆け上がった感がありますね。

これからも松岡茉優さんの活躍に期待していきたいと思います。

一方、「あまちゃん」で主演を務め、当時は時の人となった能年れ…いえ、今はそっとしておきましょう。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

まさきちでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加