村上虹郎は漫画好き?ハンター・ハンターのヒソカが大好き!

お父さんは俳優の村上淳(じゅん)、お母さんは歌手のUA(うーあ)という芸能界のサラブレッド、村上虹郎(にじろう)さんですが、独特の存在感でデビュー以来ずっと活躍されています。

2016年6月公開の映画「夏美のホタル」に公英役で出演しています。

2016年5月に公開された「ディストラクション・ベイビーズ」では、八方ふさがりの状況でも人間的な強さを見せてくれる将太役を熱演してくれました。

今回はそんな村上虹郎さんについてまとめてみました。

広告

村上虹郎さんのプロフィール

本名      村上虹郎

生年月日    1997年3月17日生まれ

出身地     東京

身長      168cm

趣味      映画鑑賞、ギター

特技      剣道(初段)、乗馬、英会話

所属事務所   ディケイド

ツイッター   https://twitter.com/rainbowmusix?lang=ja

インスタグラム https://www.instagram.com/rainbowmusix/

「虹郎」というちょっとファンシーな名前は、両親ともに虹が好きだったので「虹郎」になったそうです。

村上虹郎さんが9歳のとき(2006年)両親が離婚、その後はお母さんと二人で暮らしていて、中学生のとき沖縄に引っ越しました。

高校はカナダの高校に留学しています。

村上虹郎さんの経歴

2014年7月、映画「2つ目の窓」で映画初出演で主演を務めます。

この映画で、「第29回高崎映画祭・最優秀新人男優賞」を受賞します。

その他の映画は「神さまの言うとおり」「忘れないと誓ったぼくがいた」「さようなら」「ディストラクション・ベイビーズ」「夏美のホタル」に出演。

ドラマは「天使のナイフ」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」「SHIBUYA零丁目」などに出演しています。

2016年7月から「仰げば尊し」に出演予定です。

王道の少年漫画が好き

村上虹郎さんは少年漫画が好きで、お小遣いでコツコツ買った単行本が1000冊以上もあるそうです。

単行本が1000冊はすごいですね!

大きい本棚が2つくらい必要ではないでしょうか(もっとかな?)。

「トリコ」「ブリーチ」「メジャー」などがお気に入りなので、王道のストーリーがお好きなんですね。

「グラップラー刃牙」もたしなんでいるようです。

少年漫画の醍醐味は「バトルうんちく」と言う村上虹郎さんですが、確かに「念」だ「悪魔の実」だ「経絡秘孔」だと、個性的なキャラクター達のバトルにはうんちくがあるからこそワクワクしますもんね。

「ハンター・ハンター」のヒソカが大好き

中学生のときに漫画オタクの友達の家で「ハンター・ハンター」を読んで以来、大ファンになったそうです。

「冨樫先生が描く画(え)のタッチが最高に好きだし、伏線と謎だらけのストーリーも含めてあの世界観がたまらない!」とのことです。

「ハンター・ハンター」の中では特にヒソカが大好きだそうです。

ちなみに僕はクラピカちゃんが好きで、早く幻影旅団を全員ケチョンケチョンにしてくれないかなと思っています。

しかし冨樫さんの連載はなかなか続きませんね。

もう連載じゃなくて、年2回の特集にしちゃえば良いのに。

漫画の実写化はハリウッドでなきゃダメ

村上虹郎さんは、もし「ハンター・ハンター」を実写化するなら、ハリウッドで何十億円もかけて作るくらいじゃなきゃダメ、そうでないならやらないで欲しいと言っています。

あー、これにはまったく同意しますねぇ。

バトル漫画の原作を実写の作品にして成功したのって何かありますかね。

…る、るろうに剣心?(恐る恐る)

おわりに

村上虹郎さんはツイッターでたまに詩を披露してくれるポエマーです。

歌手であるお母さんのUAさんから受け継いだ才能が、ツイッターで思わず溢れ出したのかも知れませんね。

村上虹郎さんのこれからの活躍に期待したいと思います。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

まさきちでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加