小倉優子が離婚で子供達の養育費はいくら?親権はどちらに?

お腹に二人目の赤ちゃんがいる小倉優子(おぐらゆうこ)さん(32歳)が、天国から地獄に叩き落されました。

夫の菊地勲さん(45歳)が、今年流行のゲス不倫をしていたというのです。

まったく、菊地勲さんは何ということをやらかしてくれたんでしょうか。

今回は、現在人生のどん底にいる小倉優子さんについてまとめてみました。

広告

小倉優子の現在の状況

女性にとって妊娠中の夫の不倫は最低最悪の裏切り行為だと聞いています。

しかもよりによって、不倫相手は小倉優子さんの事務所の後輩の馬越幸子さん(25歳)だというではありませんか。

OMG!

最悪を通り越して凶悪です。

この事件、ええもう凶悪事件です、この事件の一報を聞かされたときの小倉優子さんの衝撃度はいかばかりだったでしょうか。

以前から「浮気は絶対許さない」と公言していたのは、菊地勲さんに「前科」があったからなんですよね。

菊地勲さんがやらかしたことを麻雀の役にしたら、「妊娠中・不倫・後輩・前科あり」、これにドラ一つ乗っけて満貫(まんがん)確定じゃないですか。

しかし今年の不倫ラッシュはすごいですね。

僕の知らないところで「不倫推奨キャンペーン2016」でも開催されているんでしょうか?

それはともかく、小倉優子さんは当然「離婚」も考えているということですが、知り合いによると、「4歳になる長男のことやお腹の赤ちゃんのことを考えるとすぐには決断できないでしょう」とのことです。

当事者にとってこの問題は、すぐに答えが出るという簡単なものではありませんよね。

ですが、あえて「離婚」という結論を出したとき、子供二人の養育費はおいくら万円になるんでしょうか。

小倉優子が離婚したら子供達の養育費はいくら?

養育費の計算ツールを使って算出したところ、16~18万円と出ました。

えええ、16~18万円!?

これ、子供が二人いての計算ですよ?

菊地勲さんの年収は8000万円あるそうです。

菊地勲さんはいわゆる「カリスマ美容師」とやらで、東京の南青山にあるヘアサロン「ing」というお店を経営しています。

お客さんに堤真一さんやSMAPのメンバーがいるとのこと。

そんな高収入の夫でも、別れたあとに毎月もらえる養育費は多くて18万円とは…。

計算ツールの上限が18万円なんですけど、きっと何かの間違いですよね。

いくら何でもこの金額はあんまりです。

でもまあ、小倉優子さんも年収は2000万円くらいあるとのことなので、母子3人が路頭に迷うという事態にはならないでしょうけど。

子供達の親権はどちらに?

日本では離婚したあとは、ほぼ母親が親権を取得します。

今回は夫の菊地勲さんが不貞行為を働いたことになるので、離婚となれば間違いなく小倉優子さんに親権がいくことになるでしょう。

正確にいうと、親権の中には身上監護権財産管理権の二つがあります。

身上監護権は、「子供の世話や教育、身分行為代理の権利」で、財産管理権は、「子供の財産管理や法定代理をする権利」です。

親権といえば、世間一般のイメージでは「子供を引き取って育てる権利」のことだと思われていますが、実際には養育する権利監護権です。

親権と監護権は大体セットで取得するので、親権といえば監護権も含まれていることになります。

そして監護権のある人(監護権者)が、非監護権者に養育費を請求することができるのです。

小倉優子離婚?のまとめ

小倉優子さんが二人目を妊娠中でフウフウ言っているときに、夫は小倉優子さんの事務所の後輩の馬越幸子さんをフウフウ言わせていました。

離婚したとしたら、年収8000万円でも毎月の養育費は16~18万円を払うだけで良いとのことですが、あんまりですよね。

子供の親権は、日本の慣例でいくとほぼ小倉優子さんが取得するでしょう。

しかし菊地勲さんは懲りない人ですね。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

まさきちでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加