坂井聖人のプロフや家族と経歴は?寮生活で瀬戸大也と仲良し

リオ五輪競泳200mバタフライで銀メダルを獲得した坂井聖人選手のプロフや家族と経歴が気になりますね。

早稲田大学水泳部寮生活を送っていて瀬戸大也選手と仲が良いようですよ。

今回は、特技の「肩外し」でダルシムのように腕を伸ばすことができる坂井聖人選手についてまとめてみました。

広告

坂井聖人選手のプロフや家族と経歴は?

坂井聖人選手のプロフィール

名前 坂井聖人(さかいまさと)

生年月日 1995年6月6日

出身地 福岡県柳川市

身長 182cm

体重 75kg

血液型 O型

出身高校 柳川高校

在籍大学 早稲田大学スポーツ科学部

出場種目 バタフライ

座右の銘 天才は99%の努力と1%のひらめき

坂井聖人選手の家族は?

坂井聖人選手はご両親とお兄さんがいますが、お兄さんと他のきょうだいの情報は今のところ見つかりません。

お父さんは敏幸さんで53歳、お母さんは尚子さんで50歳です。

決勝の試合をテレビで見守っていたお父さんは、「よく頑張ってくれた。おめでとう、そしてありがとうと言いたい」と喜びを素直に表していました。

お母さんはレース途中まで顔を上げられなかったそうです。

「何位で入ったか分からなかった。8位でいいと思っていたので信じられない」と声を震わせていました。

坂井聖人選手の経歴は?

お兄さんの影響で、「柳川スイミングクラブ」で水泳を始めています。

「柳川スイミングクラブ」は高校までずっと通いました。

坂井聖人選手はターンが苦手なので、長距離を泳ぐ種目が好きだそうです。

小学6年生のときにバタフライを専門に泳ぐことを決めています

坂井聖人選手は「勝負強い」という評判で、後半の追い上げが持ち味です。

高校1年生のときにインターハイの100mバタフライで優勝しています。

アジアエイジ選手権の50m、200mバタフライで優勝。

高校2年生のときは夏季ジュニアオリンピック200mバタフライで優勝。

高校3年生のときはインターハイ200mバタフライで優勝、国体200mバタフライで優勝しています。

坂井聖人選手にはすごい「特技」があります。

それは競泳中に肩を外せるそうで、そのことで腕が10cm伸び、好記録を出せるとのこと。

2014年パンパシフィック水泳選手権200mバタフライ4位。

2015年ジャパンオープン200mバタフライ準優勝

2016年日本選手権200mバタフライ準優勝。

そして2016年リオデジャネイロ五輪200mバタフライ銀メダル

バタフライのスペシャリストが大舞台で実力を発揮してくれました。

寮生活で瀬戸大也と仲良し

柳川高校は福岡では有名な進学校で、校則が厳しい学校だそうですね。

そんな柳川高校から早稲田大学に進学しました。

早稲田大学には瀬戸大也選手、渡部香生子選手、渡辺一平選手、そして池江璃花子選手のお兄さんも在学しています。

早稲田大学では寮生活を送っている坂井聖人選手ですが、先輩の瀬戸大也選手と仲が良いみたいですね。

ツイッターには瀬戸大也選手の話題がちょいちょい載っています。

流行りモノもきちんと押さえていて、「ポケモンGO」のプレイ画像もツイッターに上げてありました。

彼女はいるみたいですが、証拠は巧妙に隠してあるので、SNSを通じて彼女の存在が判明することはなさそうです。

坂井聖人選手のまとめ

坂井聖人選手のご両親は柳川市でご健在。

柳川スイミングクラブで水泳の基礎を習う。

ターンが苦手で長路が好き。

高校時代はスランプに陥ったこともあるけど無事に復活。

「肩外し」という特技がある。

早稲田大学の寮生活はけっこう楽しそう。

彼女はいるけど匂いはうまく消してある。

リオ五輪で銀メダルをゲット。

東京五輪でも当然のようにメダルを期待されるはめになった坂井聖人選手を応援したいと思います。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

まさきちでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加